戻る

平成30年度前期 集団意思決定特論

曜日 木曜日 時間 3時限 場所 122123、コンピュータ教室1

テキスト 未定(受講者数で決めます)

○ 定期試験は実施しません。最終的にレポートを提出してもらいます。

回数 日付 授業後記 配布資料 
1 4月12日
  • 1名の受講がありました。
  • ガイダンスをし、修士論文の内容について話をしてもらいました。
2 4月19日
  • 集団意思決定論における研究課題についての全体像を話しました。
  • 出席者:1名
3 4月26日
  • AHPの手法について紹介しました。また、日本地図による一対比較の演習をしました。
  • 出席者:1名
4 5月10日
  • AHPを使い、新車の選定問題を解きました。Excelで自動化しました。
  • 出席者:1名
5 5月17日 
  • AHPについて、行列の言葉で説明し、EXCELにより、行列が計算できるようにしました。AHPの最後の総合化は、行列の積として計算できるようにしましょう。整合指標の計算方法を紹介し、EXCELで計算してみました。
  • 出席者:1名
6 5月24日
  • AHPについて、固有ベクトル法と幾何平均法を紹介しました。次週からは、1つ目のレポート課題に取り組んでください。7回目と8回目は、AHPによる問題解決に取り組んでもらい、レポート課題として提出してもらいます。
  • 出席者:1名
  • LLS法に関する資料
7 5月31日 【告知】自分なりの問題を考えて、AHPによる問題解決に取り組んでください。幾何平均法を使い、一対比較表には、整合度も計算して記入してください。
  • 6月5日(火)
    • 途中経過を報告してもらいました。価格に関する評価について助言しました。持参したレポートは受け取りました。さらに、ブラッシュアップして持ってきてください。
8 6月7日 【告知】課題を完成させて、レポートとして提出してください。
  • 今週は特に連絡はありませんでした。
9 6月14日 【告知】講義を行います。意思決定における、いろいろな評価基準について紹介します。
  • 欠席でした。 →6/18に完成したレポートを持ってきてくれました。今回は、代替案も写真入りになり、分かりやすくなっていました。発表日を勘違いしていたとのことでした。21日に発表してもらうことにしました。
10 6月21日
  • 予定通り、発表してもらいました。代替案に関する写真が入っていたり、仕様が書かれていたりととても工夫されていました。今回はこれで完成とします。
  • 最終課題のテーマ(サービスに関するもの)を今から探し始めてください。
11 6月28日 【告知】講義を行います。意思決定における、いろいろな評価基準について紹介します。
  • 評価基準により、合理的な決定結果が異なる例について説明しました。
  • 記述的アプローチと規範的アプローチの立ち位置の違いと、使い方の違いについて説明しました。
  • 次回から2回は、課題の作成となります。今回は、サービスをテーマにしてください。
12 7月5日 【告知】最終課題を作成してください。
13 7月12日 【告知】最終課題を作成してください。
14 7月19日 【告知】最終課題の報告をしてもらいます。