戻る

平成30年度前期 3年ゼミ

曜日 木曜日 時間 15:10〜16:50 教室 卒研室5

教科書:木下栄蔵著(2000)『入門AHP』日科技連

回数 日付 授業内容 備考
1 4月12日
  • 自己紹介をしました。
  • インターネット環境を整えました。(メール、Dropbox)
  • 次回から、4限に開催することにしました。15:10〜16:50
2 4月19日
  • メールアドレスや携帯の電話番号を交換しました。
  • プリンターのセットアップをしました。
  • プリンターのセットアップが終了せず、5限目を利用して完成させました(2名)。それ以外の人は、次回のゼミまでに接続できるように努力してみてください。
3 4月26日
  • AHPの勉強をはじめました。まずは、一対比較表を作成する演習問題を解きました。Excelでも計算できるようにしました(幾何平均法)。
  • 先輩から、歓迎会の話がありました。よく考えて、自分たちで決めてください。
4 5月10日
  • AHPの計算手順の一通りを説明し、資料にある問題について、実際にExcelで計算しました。
  • 5月23日(水)に3年ゼミとして懇親会をやるとの話がありました。
5 5月17日 
  • AHPについて、行列の言葉を交えながら、全体の流れの復習をしました。また、Excelにより、行列の計算(掛け算、逆行列)ができるようにしました。また、整合度について簡単に解説し、整合指標を資料に従って計算しました。整合性や不整合の意味は来週説明します。
  • MMULT, MINVERSE
6 5月24日
  • AHPについて、固有ベクトル法について解説しました。特に、整合度の計算方法を、主固有値という言葉を使いながら定義しました。不整合となる場合について、一巡三角形の存在(推移律の不整合)、過大評価・過小評価の問題について説明しました。最後に、幾何平均法を、誤差モデルとして見る見方を紹介しました。
  • 以上で、AHPの基本的なお話は終了です。次回からは、実際の問題についてAHPで解決していきたいと思います。取り上げる題材について、考えてきてください。
  • 5月23日に懇親会をしました。
7 5月31日
  • AHPについて固有ベクトル法で計算する方法をExcelの使い方と合わせて解説しました。
  • 「マレーシア農村開発プロジェクトの参加型意思決定」(AHP事例集)を読み始めました。次回はp.335から青木君になります。
8 6月7日
  • AHPの実践をはじめました。考えてきてもらったものを発表してもらい、それを深めてもらいました。最後に、今後の予定を含めて発表してもらいました。
    • 百瀬君:地域の防災対策に関する財政配分
    • 臼木君:音楽の販売戦略に関するシナリオ分析
    • 黄檗君:学生支援策の選定
    • 中島君:重点商品の選定
    • 青木君:シューズの選定
  • とりあえずAHPの練習を、と考えたのですが、想定以上にレベルの高い話題になってしまいました。今後の取組で、テーマを変えたり、単純化してもらって結構です。
  • 時間があれば、マレーシアの続きを読みたいと思いますが、とりあえず、自分で考えた問題をAHPで解決することに取り組みたいと思います。
9 6月14日
  • 階層まで作成できたようなので、次回完成させ、ゼミの時間中に発表したいと思います。
10 6月21日
  • 階層図までのところを発表してもらいました。お互いに講評し合いました。また、メモ書きして互いに交換しました。今後、ブラッシュアップしていきたいと思います。
    • 百瀬君:震災に対する市民の意識を高める取り組みの選定
    • 臼木君:限定版CD(初回限定、FC限定、LIVE限定)の購入に関する決定
    • 黄檗君:海外旅行のパッケージプランの選定(バンクーバー、ニューヨーク、ローマ、メルボルン)
    • 中島君:梅雨期にお勧めのレインパーカーの選定
    • 青木君:ビジネスシューズの選定
11 6月28日
  • 講義形式で、サービスサイエンスの話をしました。
  • 4つの評価基準について解説しました。
    • ラプラスの基準
    • マクシミンの基準
    • フルビッツの基準(マクシマクスの基準)
    • ミニマックスの基準
  • 大学で勉強した、これぞという専門用は何かを聞き、それについてあれこれ聞きました。知識を増やすように、そして、実生活の中で生かせるようにしましょう。
12 7月5日
  • 前々回の続きをやりました。
  • ワードにまとめてください。
  • できれば発表用にパワーポイントにまとめてください。
  • 臼木君(連絡あり)
13 7月12日 【告知】出張になりますが、卒研室で、次週の発表に向けて準備を進めてください。
14 7月19日