平成22年度前期 数学基礎A 終了!

曜日 水曜日 時間 3 教室 113

 本授業についての詳細は、配布冊子の表紙の裏面にあります。

 配布したテキストの後半に解答がついていますので活用して下さい。

(訂正1) プリント5の問題5−5の解答が間違っていました。正しくは5000円です。訂正して下さい。 

(訂正2) プリント10の問題10−1の解答が間違っていました。正しくは15枚までです。また,模範解答の右の欄の文章は削除して下さい。

回数 日付 授業内容 10分テストの問題 やりのこし(後日まとめて解説します。
1 4月14日
  • 1年生は全員出席してください。
  • 内容:まずガイダンスを行いました。数学基礎の意味,授業の具体的な進め方について説明しました。その後,30分間のスキル調査をしました。このスキル調査の内容が,実際に授業で扱う内容の一部となります。
なし なし
2 4月21日
  • 本授業で使うテキストを配布しました。
  • 内容:数学基礎2
  • 図を描いても問える練習をしましょう。このとき,割合と量の関係を表す図を見つけられるようにしましょう。
なし
  • 2-5
  • 2-7(4/28)
3 4月28日
  • 内容:数学基礎3,2-7
  • 割合を量として扱うこともあります。混同しないように慣れましょう。(習うより慣れろ!)
  • 試験範囲:3-1から3-5と,2-7
  • 2-2
  • 2-6(3)
  • 2-6(7)
  • 3-6(5/12)
  • 3-7(5/12)
4 5月12日
  • 内容:数学基礎4,3−3,3−7
  • 図示をすることで,問題の内容を十分理解し,割合と量の関係から問題を解決しようとしても上手くいかない場合があることを紹介しました(4-4)。このようなときこそ,変数xの登場です。
  • 来週の試験範囲:4-1から4-5, 3-6,3-7
  • 3-3
  • 2-7(4)
  • 2-7(5)
  • 4-6(5/18)
5 5月19日
  • 内容:数学基礎5,4−6
  • 経営の問題を扱いました。仕入れ値,原価,利益,定価,売り値などのイメージをしっかり持ちましょう。また,経営者側の目線で考える習慣を身につけましょう。
  • 来週の試験範囲:5-1から5-9, 4-6
  • 4-1
  • 3-7(1)
  • 4-5(3)
なし
6 5月26日
  • 前回の小テストを実施しました。
  • その後は自習としました。
  • 5-2
  • 5-5
  • 4-6(3)
  • 5-9(1)
なし
7 6月2日
  • 中間試験を実施しました。
  • レポート課題について説明しました。なお,レポート課題はあくまでも中間試験の結果をリカバリーするものであり,レポートにより試験の結果が良くなるというものではありません。もちろん,最終評価に際しては,考慮します。
  • 2-5は試験範囲外でした。
中間試験(60分) なし
8 6月9日
  • 内容:数学基礎6
  • 中間試験の正答率が悪かった問題について小テストをしました。
  • 後半は授業をしました。
  • 次回は電卓を持参して下さい。
小テスト
  • 6-1(6/16)
  • 6-2(6/16)
  • 6-3(6/16)
  • 6-7(3)
9 6月16日
  • 内容:数学基礎6,7
  • 長めの文章問題は,まず数値を無視して文章の内容を理解するようにしましょう。(SPIなどの場合は裏技を使いましょう)
  • 集合の問題では記号を正確に書くように心がけましょう。
  • 来週の試験範囲:6-1,6-2,6-3,7-1,7-3,7-4,7-5
  • 6-4(5)
  • 6-5(3)
  • 6-7(2)
  • 7-2(6/23)
  • 7-6
10 6月23日
  • 内容:数学基礎8
  • 割合の問題の総仕上げ的な問題を演習しました。今後は普段の生活の中で応用してみましょう。
  • 後半は集合の話をしました。特に,べき集合や,集合の集合のはなしなどもしました。かなり難しい話だったと思いますが,耳学問して下さい。
  • 来週の試験範囲:7-2,8-1,8-2,8-3,8-4,8-6
  • 6-1
  • 6-2
  • 7-3(3)
  • 7-4(2)
今まで全てでのやり残し
  • 2-5
  • 6-7(3)
  • 7-6
  • 8-5
  • 8-7
11 6月30日
  • 内容:数学基礎9
  • 平均値の問題は面積で考えられるようにしましょう。また,集合の問題が社会科学で役立つことを理解しましょう。
  • 来週の試験範囲:8-5, 8-7, 9-1, 9-2, 9-3, 9-4, 9-5(1),(2)
  • 7-2
  • 8-1(1)
  • 8-1(4)
今までのやり残し
  • 2-5
  • 6-7(3)
  • 7-6
  • 9-5(3)(4)
  • 9-6
12 7月7日
  • 内容:数学基礎10
  • 2次方程式,2次不等式,連立2次不等式の問題を系統立てて説明しました。2次方程式は式変形により解答できるようにしてください。不等式については,図示できるようにしてください。
  • 来週の試験範囲:9-5(3)(4), 9-6, 10-2, 10-3, 10-4. 10-5
  • 9-2
  • 9-3(2)
  • 8-7(1)
今までのやり残し
  • 2-5
  • 6-7(3)
  • 7-6
  • 10-1
  • 10-6
13 7月14日
  • 内容:数学基礎11
  • 久々に文章問題を扱いました(2-5)。割合と量の関係を図示できるようにしましょう。集合と割合の融合問題を勉強しました。このあたりが本授業の到達点になります(11-1)。
  • 来週の試験範囲:2-5,10-1,10-6,11-1,11-3,11-4,11-5
  • 2-5
  • 9-5(4)
  • 9-6(7)
  • 10-4
やり残し
  • 6-7(3)
  • 7-6
  • 11-2
  • 11-6
14 7月21日
  • 内容:残り全て(11-2を除く)
  • 残っている問題を解説しました。連立方程式は解けるようにしましょう。
  • 10-1
  • 10-6(7)
  • 11-4(2)
やり残し
  • 11-2(チャレンジしてください。)
15 7月28日
  • 定期試験

過去の連絡事項:

レポート課題について

対象者:6月2日実施の中間試験において,×が3つ以上あった受講生
課題:×を含む問題について,完全解答を作成する。
提出期限:2010年6月8日(火)午後4時まで
提出場所:2号館2階 ロッカー(助教の前に設置)
備考:以下の注意事項を守ってください。
  • レポート用紙を使うこと(ルーズリーフ,ノートなどは減点あるいは再提出)
  • 表紙をつけること
  • 表紙には次を記載すること。「学籍番号」「氏名」「提出日」「タイトル(授業名他)」「担当教員名」
  • 左上部分をホチキス止めすること
  • 同じ問題が定期テストで出題されたときに,正解できるようにすること。
★レポートに関する質問がある場合は,飯田研究室まで来てください。